English Technical Writing Test


とは? English Technical Writing Test

2015/2/10 改訂

工業英語の能力を客観的に評価する制度で1992年秋より文部科学省後援試験となっています。

1級、準2級、3級、4級は、毎年5月と11月の日曜日に全国の公開試験会場で実施されています。
また、7月と1月の土曜日に2級、準2級、3級・4級が全国の主要都市で実施されます。

受験ガイドの入手方法      受験ガイド[pdf]

詳しい出願方法

今後の試験日程とお申込み受付期間のご案内

よくある質問

過去試験問題のサンプルをご覧になりたい方

各回別の「試験問題と模範解答」をご希望の方

工業英検データ


どの級を受けようかな?

  実施月 受験区分 出題形式
工業英検4級 毎開催月 工業高校、工業高等専門学校程度の工業英語の基礎知識を有する者 英文和訳(短文)/適語補充/単語問題
(筆記試験のみ・全問マークシート方式)
工業英検3級 毎開催月 大学専門課程、工業高等専門学校上級学年、専修・専門・各種学校在学程度の工業英語の応用知識を有する者 英文和訳/和文英訳(短文)/適語補充/単語問題
(筆記試験のみ・全問マークシート方式)
工業英検準2級 毎開催月 大学専門課程・大学院課程、工業高等専門学校上級学年・専攻科の工業英語全般の基礎知識を有する者 英文和訳/和文英訳(短文)/適語補充/修辞
(筆記試験のみ・記述式 50%、マークシート方式 50%)
工業英検2級 7月、1月 実務経験者を標準とし、工業英語全般の知識を有する者 英文和訳/和文英訳/修辞
(筆記試験のみ・全問記述式)
工業英検1級 5月、11月 工業英語の専門家としての実務能力を有する者 一次試験(筆記)英文和訳/和文英訳/修辞
二次試験(面接)筆記試験合格者のみリスニングテスト


審査基準

4級  程 度 工業英語の基礎知識を有しているレベル
領域 読む ・科学・技術に関する簡単な文を読むことができる。
・実験、生産工程に関する簡単な指示、注意事項を読むことができる。
・実験室、生産現場の簡単な掲示、看板を読むことができる。
書く ・科学技術の分野の基礎的な単語を書くことができる。
・科学技術の分野の簡単な文を書くことができる。
3級 程 度 工業英語の応用知識を有しているレベル
領域 読む ・科学・技術に関する基本的な文章を読むことができる。
・簡単な取扱説明書を読むことができる。
・実験、生産工程に関する指示文、注意事項を読むことができる。
・実験室、生産現場の掲示文、看板を読むことができる。
書く ・科学技術の分野の基本的な単語に習熟し、簡単な説明文、操作指示文などを書くことができる。
準2級 程 度 工業英語の実務能力の基礎知識を有しているレベル
領域 読む ・科学技術に関する英文をほぼ正確に読むことができる。
・自分の専門分野の英文をほぼ理解することができる。
・科学技術情報(インターネットなど)をほぼ正確に読み取ることができる。
書く ・科学技術分野の専門用語を運用し、簡潔に書くことができる。
・簡単な取扱説明書を書くことができる。
・科学技術情報(インターネットなど)のスタイルを理解し、コミュニケーションに必要な英文を書くことがほぼできる。
2級 程 度 工業英語全般の知識を有しているレベル
領域 読む ・技術的な文章(取扱説明書、仕様書、論文等)のスタイルの違いをほぼ理解し、読むことができる。
・専門雑誌、業界誌の内容をほぼ正確に理解できる。
・自分の専門分野の論文をほぼ正確に読むことができる。
書く ・技術論文のメカニクス(句読点、記号、略語等)をほぼ正しく使った文章を書くことができる。
・科学技術の専門用語に習熟しており、スタイルをほぼ良く考慮した文章を書くことができる。
1級 程 度 工業英語の専門家としての実務能力を有しているレベルで、実務上、工業英語を指導できる
領域 読む ・技術的文章(取扱説明書、仕様書、論文、規格等)のスタイルの違いを正確に理解し、読むことができる。
・専門とする分野に関して、高度な論文、記事を正確に読むことができる。
書く ・読み手に応じた工業英語のレトリック(文章表現法)、メカニクスを活用して、商品としてのテクニカルドキュメントが作成できる。
・他人が書いた英文をテクニカルライティングの面から添削できる。
聴く ・ネイティブの技術者やテクニカルライターとドキュメント制作上の問題点について討議できる。


実施要領

公開試験実施月 [5月・11月の日曜日]  1級、準2級、3級、4級
[7月・1月の土曜日]  2級、準2級、3級・4級
5月、11月7月、1月試験では一部の級で終了時間が異なります
コンビニでの受付け(各開催月) 直接コンビニからお申込みください。
コンビニ受付期間   5月試験は、3月1日より試験日の1ヶ月前まで
  7月試験は、6月1日より試験日の2週間前まで
 11月試験は、9月1日より試験日の1ヶ月前まで
  1月試験は、12月1日より試験日の2週間前まで
  正確なお申し込み期間はこちらです
複数受験 ■複数の級を受験できます。ただし各級のお申込みが必要です。
■同じ級の重複受験はできません。
合否通知/合格認定証について ■4・3・準2級・2級→試験日の約1ヶ月後に郵送。
■1級一次試験→受験日から2週間くらいで郵送。
■採点結果と合否結果についてのご質問には回答いたしておりません。
試験当日の注意 ■受験票と身分証明書(運転免許証、学生証、社員証、旅券、健康保険証など)をご持参ください。
■筆記用具(黒鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム)をご持参ください。
■1級・2級は辞書または辞典を2冊まで持ち込みできます。
  ただし電子辞書類および参考書、用語集、単語帳は持ち込みできません。
5月、11月試験
試験会場
■北海道から沖縄まで全国約40会場。1級一次試験(筆記)は東京、名古屋、大阪、福岡の4会場。
■1級一次試験(筆記)合格者の二次試験(面接)は6月、12月の日曜日に東京、大阪の2会場で実施。
7月・1月試験の会場は主要都市の会場
団体受験制度 ■10名以上の受験者のある学校・団体が対象です。
■在学校・所属団体が対象となっているかは直接お問い合わせください。
■団体受験は1級を除いた級を全ての開催月で実施しています。
その他 ■エントリーシート・資格欄に「文部科学省後援工業英検○級」と明記できます。
■工業英検の合格者に単位認定する学校が急増しています。在学校に確認してください。
■各回各級の最優秀者には「文部科学大臣賞」が授与されます。

《合格認定証》 ※1級合格認定証にはバインダーが付きます。

    

試験の時間と検定料

いったん納入された検定料は、理由(急な出張、転勤等も含む)のいかんを問わず返金いたしません。また級の変更、会場の変更、次回以降への繰り越しもできません。



募集期間中に    試験のお申込みはコンピニからになります

出願期間中にコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、ミニストップ)の情報端末からお申し込みできます。
「資格・検定申込み」(学び・教育 各種申込)画面から「検定試験/語学関連」→「工業英検(工業英語能力検定試験)」・・・
コンビニのレジにて、受験料をお支払いいただければお申込み完了です

*お申込み内容に不備があった場合を除き、検定事務局からの受領のご連絡はいたしておりません。
「試験会場案内図」を含む「受験票」ハガキは、5月、11月試験は試験日の14日前
7月・1月試験は試験日の7日前から発送させていただきます。
試験日の5日前までに「受験票」ハガキがお手元にお届けできていない場合には小会までご連絡ください。


FAQ

Q.工業英検とはどのような試験ですか?
A.工業英検は、わが国の工業英語の重要性を広く普及・啓発し、その実力を客観的に正しく評価することを目的に1981年より実施している文部科学省後援の検定試験です。また、社団法人全国工業高等学校長協会、国立高等専門学校協会ならびに財団法人専修学校教育振興会など14団体の後援を得て実施しております。 さらに昨今、工業英検合格者に単位を認定する学校が増加しており、学生の注目を集めてきております。

Q.受験資格の制限はあるのですか?
A.受験資格は一切ありません。どなたでも受験できます。

Q.3級と4級を同時受験はできますか?
A.すべての級は、開始、終了時間が異なっておりますので、複数の受験ができます。ただし、それぞれの級についてお申込みが必要です。

Q.団体受験はできますか?
A.受験者が10名以上の場合、<団体受験会場>として団体で受験できます。

Q.試験はすべて記述式ですか?
A.3級、4級は全問マークシート方式です。複数の選択肢から正解を選び出す方法です。準2 級はマークシート方式50%、記述式50%です。1・2級は全問記述式です。

Q.工業英語を勉強するにはどうしたらよいでしょう?
A.工業英語の基礎は、まず単語と例文の習得です。基礎単語と基本例文を掲載している小会発行図書の『工業英語ハンドブック』や工業英検4級レベルの対策として編集されております『工業英検4級対策』『工業英検4級クリア』などが学習に最適でしょう。また、授業で教材として使用されるには『工業英語ファーストステップ』が最適です。

Q.1級と2級で受験に持ち込めるおすすめの辞書はありますか?
A. 小会では、特に辞書の推薦を行っておりません。技術用語辞典は、各出版社から発行されているようですので、書店や各種検索サイト等で調べてみてください。なお、試験に持ち込みできるのは、「辞書」「辞典」のカテゴリーに属する書籍のみで、「用語集」「単語帳」「参考書」等は持ち込みできませんので、ご注意ください。

Q.記述式での解答は、筆記体で書いてもいいですか?

A.記述式解答用紙には、活字体、筆記体どちらを使用されても構いません。普段書きなれた文字でご解答ください。

Q.合格認定証を紛失してしまいました。再発行できますか?
A. 「合格認定証」の再発行はいたしかねますが、「合格証明書」は手数料2,000円でいつでも発行できます。氏名、合格された年と時期、級、受験会場等、お分かりになる範囲で結構ですので、お知らせください。

Q.工業英検の資格を持っていると就職に有利になるのでしょうか?
A.最近、技術者を対象に企業内研修の一環として、工業英語の教育から工業英検の取得までを実施している企業が増えてきています。これは企業では、英文技術文書やインターネットを介した先端情報など技術分野におけるリーディング力、ライティング力が求められてきているからです。こうした背景によりこれからエンジニアをめざす学生には必要な資格のひとつと言えるでしょう。

工業高校では 4級を、高専・大学 1. 2年では 3級を、高専専攻科、大学・大学院卒業までには準2級を、ぜひ取得したいところです。
なお、合格者は、エントリーシート・資格欄に「文部科学省後援工業英検〇級合格」と明記できます。


JSTCロゴ

メールポスト