公益社団法人 日本工業英語協会

日本能率協会グループの概要

  • 社団法人日本能率協会 と、それから専門別に分離発展してきた 9つの事業体の総称です。
  • 顧客満足の実現にむけて、品質と生産性を革新し、個人の能力と働きがいを向上させることを共通の目的としています。
  • “経営革新の推進機関”として過去60年以上にわたり、活動を続けてきました。
  • 特に“マネジメント”に関し、コンサルティング、システム開発、シンクタンク、経営教育、事業監査、産業振興、
    情報サービスなどの事業を行う、1,600人の専門家集団です。
  • 日本国内のみならず、ヨーロッパ、アメリカ、韓国、中国、東南アジアなど世界的に活動を展開しています。
  • 各法人は、この目的を達成するために密接に協力し合い、産業界のお役に立つことを念願しています。
社団法人 日本能率協会(JMA) 一般社団法人 日本能率協会(JMA)
1942年(昭和17年)設立
・研究/提言活動
・表彰:総合生産性優秀賞など
・公開教育、シンポジウム、大会、洋上研修
・事業監査(ISO)
・グローバル化推進、海外視察
・技術会議、コンベンション

 
社団法人 日本プラントメンテナンス協会(JIPM)

公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会(JIPM)
1981年(昭和56年)設立
・製造プラントのメンテナンス(以下、TPM)技術に関する調査研究活動
・TPM技術に関する普及活動(大会、講演会、講習会、機関誌など)
・TPM技術に関する審査・表彰(PM賞審査事業など)
・TPM技術に関する資格認定事業(設備管理士、自主保全士など)
・TPM技術に関する国際交流活動(海外視察団など)

 
公益社団法人 日本工業英語協会(JSTC) 公益社団法人 日本工業英語協会(JSTC)
1981年(昭和56年)設立
・テクニカルドキュメント作成受託
・公開教育、社内教育、通信教育
・工業英語検定試験(文部科学省認定)
・出版、各種普及活動
 
社団法人 企業情報化協会(JiIT) 公益社団法人 企業情報化協会(JIIT)
1981年(昭和56年)設立
・企業の情報化に関する情報交流:委員会、研究会、懇談会
・カンファレンス、調査研究、コンサルテーション
・優秀企業表彰制度(IT賞、優秀ITユーザサポート表彰)
・BSC(バランストスコアカード)に関する普及・啓発
・コンタクトセンター/ヘルプデスクに関する情報交流、公開教育、社内教育等
 
JMAホールディングス(JMA-HD)

JMAホールディングス(JMA-HD)
以下6社の持株会社として2011年4月(平成23年)発足

  株式会社 日本能率協会コンサルティング(JMAC) 株式会社 日本能率協会コンサルティング(JMAC)
創業1942年(昭和17年)・1980年(昭和55年)分社
・経営コンサルティング
-トップマネジメント、本社機構、経営戦略
-マーケティング、セールス、事業開発
-研究開発、技術管理、設計管理
-生産、生産技術、CIM、ロジスティックス
-オフィスマネジメント、サービス産業、官公庁
-公共機関、病院
  株式会社 ジェーエムエーシステムズ(JMAS) 株式会社 ジェーエムエーシステムズ(JMAS)
1971年(昭和46年)分社
経済産業省認定 システムインテグレーター
・システムインテグレーションサービス
・システムコンサルティング、教育
・各種ソフトウェア開発
  株式会社 日本能率協会総合研究所(JMAR) 株式会社 日本能率協会総合研究所(JMAR)
1984年(昭和59年)分社
マーケティング・データ・バンク
・シンクタンク:地域開発、交通計画等
・マーケティング:経営研究
・情報サービス:マーケティング・データ・バンク
  株式会社 日本能率協会マネジメントセンター(JMAM) 株式会社 日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)
1991年(平成3年) 分社
人材・能力開発
・社内教育
・通信教育
・CAI/映像教育
・適性測定診断
・ビジネスツール(能率手帳)
・雑誌図書出版