【報道関係各位】2020年5月より工業英検が「技術英検」(後援:文部科学省)に名称等変更 - 公益社団法人日本工業英語協会
新着情報

新着情報

HOME > 新着情報 > 【報道関係各位】2020年5月より工業英検が「技術英検」(後援:文部科学省)に名称等変更

【報道関係各位】2020年5月より工業英検が「技術英検」(後援:文部科学省)に名称等変更

報道関係各位 

工業英語能力検定が「技術英語能力検定」(後援:文部科学省)に名称等変更
-より理工系分野の生徒・学生、技術者、研究者の方々へ幅広く訴求- 

公益社団法人日本工業英語協会(JSTC、会長:齋藤恭一)は、「科学技術文書を英語で読む能力・書く
能力を客観的に正しく評価する」ための資格検定試験として、1981年より、「工業英語能力検定」を
実施してまいりました。これまでに、工業高校・高等専門学校・大学等の生徒・学生や研究者、企業等に
おいて科学技術文書の作成・翻訳に携わる方々、さらには、翻訳専門会社の翻訳者等、32万人を超える
方々に受験をいただき、合格者は16万人を超えました。

一方で、当初は、我が国の主要産業である「工業」を名称に掲げましたが、産業構造の高度化に伴って、
現状、 本検定試験が扱う領域は科学技術全般に広がっています。大学等での科学技術英語を扱う科目の
名称に おいても、「技術英語」を用いている例が多く見受けられます。

このような状況を鑑み、小会では、本検定の一層の普及に向けて、現在の「工業英語能力検定」を
「技術英語能力検定」(略称:「技術英検」)へと名称変更することにいたしました。

また、上級レベルの資格については、実務において専門的な技術英語の作成、翻訳に携わっている方々が
主たる対象となっていることから、現状の工業英語能力検定「1級」「2級」の名称を、
「プロフェッショナル」「準プロフェッショナル」へ変更いたします。

本検定の目的や資格体系は現状を維持しつつ、より分かりやすい名称へと変更することによって、
理工系分野の生徒・学生、技術者、研究者の方々へ幅広く訴求し、もって、我が国の技術英語力の向上に
寄与いたしたいと考えます。

報道関係者資料

【本件に関する問い合せ先】
 公益社団法人日本工業英語協会 (担当:早川)
 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 
TEL: 03-3434-2350 E-mail:info@jstc.jp