新着情報

新着情報

HOME > 新着情報 > 令和元年度文部科学大臣賞受賞者 発表

令和元年度文部科学大臣賞受賞者 発表

令和元年度に実施された、第119回から122回「工業英語能力検定」の
各回の文部科学大臣賞 個人受賞者と団体賞のご報告です。

令和元年度文部科学大臣賞受賞者リスト

一覧のとおり、団体賞は
木更津工業高等専門学校 様
鈴鹿工業高等専門学校  様
の2校に決定いたしました。おめでとうございます!

なお、大臣賞を受賞された方へ受験動機や学習法等について
下記のとおりインタビューをしておりますのでご参考になさってください。

第119回工業英検文部科学大臣賞
 4級合格者インタビュー(技術英検3級レベル)
 3級合格者インタビュー(技術英検2級レベル)

第120回工業英検文部科学大臣賞
 準2級合格者インタビュー
(技術英検1級レベル)

*第121回、122回の受賞者インタビューは、近日公開いたします。

 「技術英語能力検定」文部科学大臣賞とは? 
 本検定では、各回のプロフェッショナル、1級~3級において、合格者のうち最も
 成績優秀な方1名に対して文部科学大臣賞を交付しております。
 下記が受賞基準になります。文部科学大臣賞を目指しましょう!
 【個人基準】

プロフェッショナル検定

得点が85%以上ある受験者から最も高い者

    1級

得点が85%以上ある受験者から最も高い者

    2級

大学専門課程、高専専門学校上級学年、専修・各種学校在学生で
得点が90%以上ある受験者から最も高い者

    3級

工業高校、高専(1~3年)の在学生で得点が90%以上ある受験者から最も高い者

 ※成績優秀者の得点が同点の場合は、学年または年齢(生年月日)が若い者としています。

 【団体基準】
 年度の試験の中で、概ね150名以上の団体受験者のある企業、学校、団体から概ね60%以上の
 合格者を排出している企業、大学、高専、専門専修学校、高等学校から最も優秀な企業・学校・
 団体2校(社)に対して文部科学大臣賞を交付しております。

ご不明な点等ございましたら事務局 info@jstc.jp までお問合せください。