新着情報

新着情報

HOME > 新着情報 > インタビュー:技術英検プロフェッショナル 合格者の学習法

インタビュー:技術英検プロフェッショナル 合格者の学習法

2020年度より「工業英検」が「技術英検」に名称等変更され、去る11月、初めて「第124回技術英検」として実施されました。
今回、旧1級・2級が統合されて初めての「プロフェッショナル」検定で、見事プロフェッショナルとして認定された2名の方に
「受験の動機」や「勉強法」等についてお話をうかがうことができました。

まずは、実務翻訳者の石井稔子様(茨城県)の学習法をご紹介いたします。ご一読ください。

 

技術英語検定プロフェッショナル 合格者の学習法

 問1.受験の動機を教えてください

電機メーカーの技術職を退職した後、機械分野やIT分野などの実務翻訳を13年続けています。
お客様に安心してお仕事をご依頼いただくには、自分の英語の能力を客観的に示せる資格が必要と前々から考えており、
工業英検1級(現・技術英検プロフェッショナル)取得は長い間の目標でした。

子育てに余裕が出てきた今年、まず1月に工業英検2級を受験し合格したので、今回名称変更された技術英検プロフェッショナルを受験しました。
タイミング的に試験内容が変わり、(私にとっては)難化した技術英検に挑戦することになってしまいましたが、
無事合格することができ大変嬉しく思っています。

 

 問2.合格までの道のりや学習法について教えてください

試験対策では、まず事前準備として「工業英検1級対策」(絶版)(*注1)と技術系英文ライティング教本(日本能率協会マネジメントセンター刊)を通読しました。
その後、過去問対策の代わりとして解いたプレテストでは全く回答が頭に浮かばず、合格は無理だと思いましたが、
とにかく試験に慣れることを目標にひたすら多くの工業英検の過去の類似問題を解くことにしました。
仕事ではパソコンを使ってばかりで手書きに慣れていないので、これは手書き対策としても有効だったと思います。

過去問は直近5回分の過去問をコンビニでコピーしたもの(*注2)、さらに「工業英検1級問題集2011-2012年度版」(絶版)(*注1)の
「和訳問題」と「2文を1文にまとめる問題」以外全てを解きました。
特に後者の問題集には長文要約問題(*注3)があり、大変役に立ちました。
とにかく3Cを意識して解答すること、そして長文要約以外の大問は1問あたり20分で解くことに集中しました。
また模範解答の英文が素晴らしかったので、暗記してしまうくらいのつもりで何度も読みました。
さらに初見の分野の文章は処理速度が遅くなるので、そのような分野がなくなるように、Scientific Americanのニュースレターを
メールで毎日受信できるようにし、仕事ではあまり扱わない分野の記事(特に宇宙分野)を時間が空いたときに読みました。

工業英検時代の試験は、全部解答しても時間に余裕があったのですが、技術英検のプレテストは、3回目に解いたときでも時間がぎりぎりでした。
そこで当日の試験では、見直しの時間が取れないことを前提に、文法やスペルにミスがないように解き、
私にとっては一番難しく時間がかかる長文要約の問題を最後に残してじっくり取り組みました。
プレテストと比較してそれほど専門的ではない内容だったため、奇跡的に5分余ったのでざっと見直すこともできました。

 

 3.合格者としての抱負

この合格を新たなスタートと捉え、さらに分野毎の専門性を向上させ、産業界の方々のサポートを微力ですが続けていきたいと思います。

 


*注1:「工業英検1級対策」「工業英検1級問題集」は絶版となっております。
*注2:「技術英検/工業英検」の過去問題は、全国コンビニエンスストア等のマルチコピー機にてご購入いただけます。
*注3:「長文要約問題」が含まれる工業英検1級過去問題で、マルチコピー機で購入可能なものは、第101回~第109回(奇数回、5回分)です。
   技術英検の長文要約問題に特化した「長文要約問題対策講座」もご活用ください。