新着情報

新着情報

HOME > 新着情報 > 第124回文部科学大臣賞受賞者発表/3級合格者インタビュー☆彡

第124回文部科学大臣賞受賞者発表/3級合格者インタビュー☆彡

2020年11月実施、第124回技術英語能力検定3級で文部科学大臣賞を受賞した
豊田工業高等専門学校 情報工学科 1年生 加藤綺吏斗さんに
「受験の動機」や「受験に向けての学習法」等についてインタビューしました。

本賞は、工業高校、高専(1~3年)の在学生で得点が90%以上ある受験生の中から
最高得点を取った方に贈られるものです。1年生での受賞は快挙です。
   
技術英語能力検定3級合格者 文部科学大臣賞受賞インタビュー

 問:技術英検受験の動機は?

正直に言うと、合格すると外部単位として認められるからです。
また、普通の英検と違って面接がなく、いずれエンジニアになるなら取っておいて損はない、と考え受験することにしました。

 問:どのような学習法で合格を目指しましたか。また、何を教材としましたか。

英単語は「Quizlet」というアプリを使って、通学などのスキマ時間に勉強しました。
休日は、過去問をひたすら解いていました。50回分くらいはやったと思います。
使った教材は「技術英語ハンドブック」と「技術英検3級問題集」です。

 問:難しかった問題はありましたか。

大問1「和訳を選ぶ問題*」です。(*英単文に最も適切な和訳を4つの選択肢から選ぶ問題)

 問:技術英検受験を通して、得られたことを教えてください。

一番は、技術に関する英単語力がついたことだと思います。
あと、技術英検に直接関係するわけではないですが、スキマ時間を活用する力や努力を継続する力がつきました。

 問:技術英検で得た実力を将来どのように活かしていきたいですか。

海外で働くことがあれば、覚えた英単語がきっと役に立つと思うので、さらに上の級を目指して語彙を増やしていきたいです。

 

 

 

 

 

 

豊田工業高等専門学校 校長室にて。