新着情報

新着情報

HOME > 新着情報 > 第125回文部科学大臣賞受賞者発表/3級合格者インタビュー☆彡

第125回文部科学大臣賞受賞者発表/3級合格者インタビュー☆彡

2021年1月実施、第125回技術英語能力検定3級で文部科学大臣賞を受賞した
鈴鹿工業高等専門学校 生物応用化学科 1年生(当時) 松岡未空さんに
「受験の動機」や「受験に向けての学習法」等についてインタビューしました。

本賞は、工業高校、高専(1~3年)の在学生で得点が90%以上ある受験生の中から
最高得点を取った方に贈られるものです。1年生での受賞は快挙です。

なお、松岡さんの通う鈴鹿工業高等専門学校は、2019年度/2020年度と2年連続で
「技術英検文部科学大臣賞・団体賞」を受賞されました。
   
技術英語能力検定3級合格者 文部科学大臣賞受賞インタビュー

 問:技術英検受験の動機は?

学校で団体受験できるということだったので、受験しようと思いました。

 問:どのような学習法で合格を目指しましたか。また、何を教材としましたか。

教材は「技術英語ハンドブック」を使用しました。
私はまず、ハンドブック前半の基礎例文に出てくる知らない単語と、後半の基礎単語の単語リストを作って、語彙を増やしました。
それから、基礎例文を日本語から英語、英語から日本語に口頭で訳す練習をしました。
そして最後に、過去問を解いて対策をしました。

 問:難しかった問題はありましたか。

日本語から英単語を選ぶ問題と、英単語に対応する日本語を選ぶ問題が難しかったです。

 問:技術英検受験を通して、得られたことを教えてください。

一つは、英単語やフレーズの語彙が増えたことです。
もう一つは、英文を日本語から組み立てる力が少しついたことです。

 問:技術英検で得た実力を将来どのように活かしていきたいですか。

技術英語の勉強をしていく中で覚えた単語の中には、普段の英語の勉強にも活用していけるものもあると思いますし
将来、社会に出てから、海外から来られた方と一緒に仕事したり、自分が海外に行って仕事をする機会があるかもしれないので
そういった場面で活かせると思います。